ゴミ屋敷を片付ける処分費用の相場とは

最終更新日

いざ、「ゴミ屋敷」を処分しようと思っても実際に費用がいくらかかるのか分からなければ、依頼するのにも躊躇してしまいます。

そして、業者の提示してきた金額が高いのか安いのか、その相場を知らなければ判断することも難しくなるでしょう。

民間業者に頼むのがよいのか、行政に相談した方がよいのかその点も気になります。
そこで、今回はゴミ屋敷を処分する際にかかる費用と、その相場について見ていきます。

行政・自治体が介入するととんでもなく高額請求になることも

では、はじめに行政・自治体が介入するとどうなるのかについて見ていきます。
「ゴミ屋敷」が社会問題として取り上げられるようになってから、その対策に行政や自治体が介入する事例を目にするようになりました。

ゴミ屋敷が周囲に与える影響は思っている以上に深刻なものがあります。
・悪臭
・病害虫の発生
・放火の誘発、もしくは自然発火による火事
・便乗した不法投棄
・土壌や水質の汚染
・敷地外のゴミによる通行の妨害

こういった内容の苦情が近隣住民から寄せられることで、行政がゴミ屋敷の問題に取り組むようになったのは、ごく近年のことです。

2012年に東京都足立区が全国で初めて「ゴミ屋敷条例」を制定し、ゴミ屋敷の処分と住人の生活支援にこぎつけました。
この後、大阪、京都などでも「強制撤去」を可能にする条例が施行されています。

では、そうした行政による処分には一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか。
ゴミ屋敷とはいえ、法的には「個人の財産」にあたりますから、国や自治体が一方的に処分や退去を求めることはできません。

行政としてはまず、住人に状況の改善を求め、その都度、指導や勧告を行います。
それでも改善がなされない場合、自治体がその撤去費用を立て替える形で強制撤去が行われるのです。

全国初の強制撤去は2015年に京都で行われました。
住人は50代の男性で、自宅の玄関前に積み上げられた324袋ものゴミが近隣住人の通行を妨げていました。

私有地とはいえ積み上げられた高さは2メートルにも及び、避難時の通行や救急車の侵入を妨げる危険な状態でした。
この際の撤去費用はゴミ袋にかかった1万円程度のものでしたが、この住人の住居内のゴミはまだ手つかずの状態ですから、問題が解決したとは到底言えません。

高額な費用がかかった例としては、2016年の東京都品川区の事例です。
このゴミ屋敷は住人がおらず空家の状態でしたから「空き家対策特別措置法」と「ゴミ屋敷条例」に基づいてゴミの強制撤去が行われました。

所有者の男性は行政の指導や勧告に全く従わなかった為、200万を超える撤去費用を請求されることになりました。
このようにゴミ屋敷を放置したままでいると、近隣に迷惑をかけることになります。
場合によっては、高額な撤去費用を請求されることにもなりかねません。

そうなる前に、親戚、友人などの手を借りてでもゴミ屋敷の処分にあたったほうがよいということは言うまでもありません。

専門業者にゴミ屋敷清掃を依頼した場合の料金相場

そうはいっても、もう既に手におえるような状態じゃないというゴミ屋敷を抱えている方も多くいるのが現実です。
その場合、放置していてもゴミは溜まる一方ですから、一日も早く行動を起こしたいものです。

まず、民間の専門業者に見積もりを依頼するところから始めましょう。
ただ、一口に民間の業者と言っても様々ですから、そのサービス内容や料金をしっかりと見極めなければなりません。

悪質な業者に引っかからないためにも、見積もりを数社に依頼して比較するのがおすすめです。
そして、そのゴミ屋敷がどのくらいの広さなのか、それによっても金額が変わってきますので、以下、その相場となる金額をご紹介していきます。

【ワンルーム】
・床一面がゴミで埋もれている場合:3~4万円
この場合、「軽トラック一台分」といったパック料金を設定している業者もあり、ここに人件費、ゴミ処分量なども含まれています。

また、粗大ごみだけでなく、資源ごみや家庭ごみなど、本来決まった回収日に出さなければいけないゴミもまとめて引き取ってくれるので安心です。

・天井までゴミがいっぱいの場合:5~8万円
ドアを開けるのが困難なほどのゴミ屋敷ですとゴミの量が軽トラックには収まらず、2トントラックになる場合があります。
その際もお得なパック料金の設定があります。

【一戸建て】
一戸建てすべてがゴミで溢れている場合は、相当の出費を覚悟しなくてはなりません。
・2トントラック×2台使用の場合:20~30万円
ここで提示した金額は、あくまでも相場としての数字です。
実際にその部屋の広さやゴミの量、汚染の浸食状態によって金額は変動します。

業者によっても金額の設定基準が違う場合もあります。
残念ながら、業者の中には悪徳な業者もあります。
昨今はネットでなんでも予約ができてしまうため、見極めが困難といえます。

口コミがあるから大丈夫と思いがちですが、できれば直接電話をして業者の対応や態度だども含めて判断するのが良いでしょう。
見積をとるところからはじめましょう。
また、事前に詳細を確認した上で納得して契約をしましょう。

ゴミ屋敷清掃に関する弊社のサービス内容はこちらです

お問い合わせはこちらから24時間承っております

お見積もり・ご相談は無料です。
お気軽にお問い合わせください。

フリーダイヤル・24時間対応

フリーダイヤル0120-925-503

メールでのお問い合わせ

当サイトに記載する文章・画像・デザインの転載を禁じます ©2018 Green Heart All Rights Reserved.