残っている父の荷物も生前整理として処分してもらった

残っている父の荷物も生前整理として処分してもらった

【50代 女性|東京 葛飾区】

数年前に母が他界してしまい、残された父親が一人で都内の一軒家で生活していました。
その父が入院してしまい、体が不自由になってしまったため、退院後も施設で生活することになりました。
都内の家は借家として貸し出すことにしたため、実家の整理をすることになりました。
父の持ち物は本人に確認しながら処分することができましたが、母の荷物がそのままになっていることが発覚しました。
母とは生前とても仲が良く、気持ちの面では落ち着いてきてはいたものの、実際に母のものを見てしまうと捨てることができませんでした。
母は急に亡くなってしまったこともあり、父も同じ気持ちから遺品整理をすることができずそのままになっていたようです。
そんな時、私の夫が遺品整理を代行してくれる業者を見つけてくれました。
これならいさぎよく遺品整理できると思い、依頼することにしました。
ついでに父の残っている荷物も、生前整理で処分してもらうことにしました。
母の遺品整理では、私は特に動くことはありませんでしたが、確認のために立ち会うことにしました。
荷物を確認しながら遺品整理してくれたので、どうしても処分したくないものだけ持ち帰ることができました。
気持ちの面で自分では行うことをためらっていたため、業者の方にやっていただき心の整理もできました。

遺品整理を後回しにせずに、代行してもらってよかったです

【40代 女性|茨城 つくば市】

大学進学を機に独り暮らしを始めた息子でしたが、バイクに乗っていて事故に巻き込まれ、帰らぬ人になってしまいました。
若くて健康だった息子の突然の死は受け止めることが到底できなくて、息子が借りていたマンションに入っても遺品整理をすることができず、手付かずのままになっていました。
遺品整理を始めようとしても、息子の事ばかりを思い出して涙が出てきてしまい、作業を進めることができません。
しかし夫からは、早く遺品整理をして、息子の形見と一緒に実家に連れて帰ろうと言われました。
確かに息子を手元で供養したいと考えたので、遺品整理の代行を依頼することにしました。
息子に関するものは全て家に持って帰りたいと思う気持ちがありましたが、現実には不可能なことはわかっていたので、遺品整理のプロにお任せすることにしました。
大型家具などは業者に処分してもらうことにし、息子が使っていた教科書や趣味のものは全て残してもらうことにしました。
残すものはスタッフさんが段ボール箱に綺麗に詰めておいてくれたので、それをそのまま家に運ぶだけになっていました。
部屋は家具が運び出されて掃除もしてくれたのでとても綺麗になっていました。
掃除までは頭がまわらない状態だったので、ありがたいと感じました。
家に帰ってから遺品整理をしてくれた箱を開けて、中から1つずつ取り出して息子のことを考えています。
遺品整理を後回しにせずに、代行してもらってよかったです。

すっかりきれいになった家を見て本当に満足しています

【30代 女性|東京 三鷹市】

都内で暮らしていた祖父が亡くなり、後を追うように祖母も亡くなりましたので、残された者で遺品整理をおこなうことになりました。
とはいっても親族はほとんどが遠方に住んでいましたので、実際に遺品整理をおこなうのは母と私ということになりました。
祖父母が暮らしていた家はそれほど広くはありませんでしたし、それなりに片付いていましたので、遺品整理も少しずつ行っていけば大丈夫かなとはじめは軽く考えていました。
ですが実際に遺品整理を始めてみると非常に体力も時間も費やす大変な作業でした。
父や夫にも手伝ってもらいましたが、いったいいつになったら終わるのかわからないような状態でみんな疲れ果ててしまいました。
タンスの中や衣装ケースにものすごい量の服やバッグなどが詰め込まれていましたし、布団なども何組も押し入れに入っていました。
遺品整理をおこなっているうちに母が腰を痛めてしまい、話し合った結果、専門の遺品整理の業者にお願いしたほうがいいのではないかということになり、都内で遺品整理を行ってくれるところを探しました。
知り合いに都内で遺品整理をおこなってくれるよい業者はないか聞いたりして、結果的にグリーンハートさんにお願いすることになりました。
料金も思ったほどかからず、はじめの見積もり通りで安心できる業者でした。
非常にてきぱきと作業をおこなってくれる様子を見たら、はじめから依頼すべきであったと本当に後悔しました。
今はすっかりきれいになった家を見て本当に満足しています。

一人で遺品整理をしたら大変でしたが、業者に依頼したことで1日で終わった

【40代 男性|栃木 佐野市】

10年ほど前から音信不通だった叔父がなくなったと、警察から連絡がありました。
叔父の手帳に私の連絡先が記載されていたようで、遺体を引き取ってほしいということでした。
叔父とは小さいころに遊んでもらった記憶がうっすらあるだけで、それ以降は一度も会話を交わしたことがありません。
しかし叔父の姉である私の母は、亡くなる前にいつも叔父の心配をしていたこともあり、責任を持って叔父の葬儀をあげようと考えました。
家族葬で葬儀をあげてから、叔父が住んでいた賃貸アパートへ遺品整理に行くことにしました。
単身向けのアパートで、叔父は独り身だったのでそれほど荷物はないだろうと思っていましたが、部屋に入ってみるとベッドや組み立て式棚、テレビなど家具や家電が思いのほか多いことがわかりました。
叔父が住んでいたアパートは私の家からは片道3時間ほどかかるので、そう頻繁に訪ねることはできません。
遺品整理をするにしても1日では終わりそうになく、処分する家具や家電についても困ったので、遺品整理を行う業者にお願いすることにしました。
依頼してすぐにアパートまで来てくれて、遺品整理にかかる費用を見積もりしてもらいました。
遺品整理をするときは立ち会う必要がないことや、家具なども全て処分してくれることが魅力に感じ、遺品整理をお願いすることにしました。
一人で遺品整理をしたら大変でしたが、業者に依頼したことで1日で終わったので助かりました。

弊社のサービス内容はこちらです

お問い合わせはこちらから24時間承っております

お見積もり・ご相談は無料です。
お気軽にお問い合わせください。

フリーダイヤル・24時間対応

フリーダイヤル0120-925-503

メールでのお問い合わせ

当サイトに記載する文章・画像・デザインの転載を禁じます ©2018 Green Heart All Rights Reserved.